新型肺炎(コロナウイルス)がカツラ生産に与える影響

現在の納期:平均3ヶ月

コロナウイルス(COVID-19)によるかつら生産への影響について説明します。

中国ではコロナは終息して景気が回復し、代替がきかない業種では人手不足になっています。 中国の混雑 アフターコロナ
かつらの分野では毛を植える職人が特に不足して工場同士で職人を奪い合うような状況で、生産に大きな遅れが生じていました。 現在、工場を変更した結果、納期は改善されています。

今注文すると平均3ヶ月程度で完成します。
ただし、少数の注文で4ヶ月を超えることがあります。(2021/11現在の実績で約7%)


既製品は長らく制作が止まっておりましたが、オーダーメード品の状況が改善したことから制作再開しています。 入荷日は未定です。